×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子どものわきが


子供は、わきがの原因とされるアポクリン汗腺が活動していないという理由で、わきがの症状は現れないと考えられていました。

しかし現在、昔の子供と比較すると発育の良い子供が多いため、わきがの発症年齢も低年齢化し、小学生の子供もわきがを発症するという例があるようです。
ちなみに、女の子よりも男の子の方が、わきがの発生率は高いという傾向があるそうです。

小学校の高学年くらいの年齢になると、異性やファッションなどへの関心が高まる時期といえます。
様々な面に敏感になる多感な時期ですので、わきがに対しても正しい知識を得る事が大切だといえるかもしれません。

子供のわきがへの対策に最も基本となるのは、毎日の入浴です。

子供は、温かい季節や場所で沢山の汗をかくのはもちろんのこと、冬などの暑くない季節でも活発に活動します。

汗をかいたまま放置しておくことは殺菌の繁殖を招き、わきがの臭いに影響します。
ですので、毎日のお風呂を欠かさず、特にわきの下は、石鹸をスポンジなどを用いて十分泡立てしっかり洗いたいですね。

あと、夏の暑い季節はどうしてもシャワーだけになりがちですが、湯船にゆっくり浸かり体を温め、発汗を促すことは、わきが対策に効果的です。また、制汗剤や菌の繁殖を防止する薬なども市販されているようですね。

わきがの手術は、手術法により受けることができる手術と、受けることができない手術があるようですが、小学生でも受けることのできる手術はあるようです。
ただ、病院で専門の医師に相談し、適したカウセリングを受けることが必要なのはいうまでもありません。

やはり、大人であるご両親が子供の気持ちや体のことを理解してあげることが、最も大切なことといえます。