×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遺伝子の影響


腋臭(わきが)は優性遺伝であるといわれています。
優性遺伝というのは優れている部分だけが遺伝すると思いがちですが、それだけではなくて受け継がれやすいという意味で優性遺伝と言われています。

両親が腋臭(わきが)の場合には、子供に遺伝しやすい、つまり優性遺伝しやすいといわれているのです。
腋臭が遺伝する確率というのは高いといわれています。
腋臭(わきが)が子供へ遺伝してしまう確率は片親が腋臭(わきが)である子供の時には50パーセンチの確率で腋臭(わきが)になるといわれていますし、両方の親が腋臭(わきが)の場合にはその子供は80パーセントの確率で腋臭(わきが)が遺伝するといわれています。

しかし、正しく言うと、腋臭(わきが)自体が遺伝するのではなくて、腋臭(わきが)になりやすい汗腺や体質が遺伝するということです。
たとえば親と同じ脂っこい食べ物が好きだという子供の場合は腋臭(わきが)になりやすい素質を持っていますから必然的に腋臭(わきが)になる確率が高くなるといわれているのです。